スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リアルで、同じ状況。 

しばらく更新なく、すみませぬ。。。。
その間も見に来てくださっていた方、ありがとうございます(T▽T)!!!

お互いに出張やら何やらで、
全然機会がなく過ごしております。
ひー。
この先も、数週間は何事もないかなあと予測されます。

こうなるともう、遠距離ですな…。
お互い、連絡はずっとしておりますです。


さて。
皆様にアドバイスされたことの実践は、もうちょっと後になりそうなのですが、
今回はちょっと違うお話を。


このようなテーマでブログを書いているものの、
現実の友人で私が「処女」であることを知る人は、数すくないわけです。
言わないしね!!!
長年の親友ぐらいしか知らないことなのです。

その友人たちは、経験者。
なので、自分と同じ「30代、処女」という境遇の人と
その状況について話すってことは今までなかったのだ。

ところが先日。

ついに、面と向かってその話をする機会があったのです。


友人と数名で飲んでいたときのこと。
ひょんなことから、今まで付き合った人の話になり、
とある友人は勢いよくのたまった。

「私、今までつきあったことない」

なんですと…?!

何故おどろいたかというと、
その友人は容姿も綺麗でスレンダー。
仕事もばりばりこなす、キャリアウーマン。
おしゃれにも気を遣っていて、
交友関係も広く、社交的。
私より年上の、面倒見のいいお姉さんなのですよ。

なので、信じられなかったのだ。

いや、今まで誰からも声をかけられなかった訳ではナイ。
もてるのだ。彼女は。
だがしかし…壁が厚いのだな。そして変に、恋愛に対して自信が無いらしい。

「この年まで未経験なんて、おかしいよね」という彼女。

その事実を聞いた私は、まず驚いたのですが、
そこから自分のことも彼女に話してみた。
自分もこの年まで、未経験であることを。

今度は逆に驚かれた(笑)。



で、色んな話をしたのです。
それこそ、私が今までブログに書いてきた
不安や、コンプレックスのこと。
人と付き合うことなんて一生できないんじゃないかと悩んだこと。


同じ境遇の人からブログにコメントをいただき、
「こんなにいるのか!」とびっくりしていましたが、
現実で会ったのは初めてでした。
身近にもいたのだ。

彼女も同じ悩みを抱えていました。


そうか。

とても、順風満帆に見えるのにな。
話してみなければ、わからないものだな。

きっと、自分が思っているよりも
世の中にはたくさんいるんだ。この境遇の人が。

↓いつもありがとうございます!!(^^)

バナナが滑ります(イメージ) 

前回、コンドーム装着についての質問に
ご回答ありがとうでした!!!いやーなるほど!
試してみる必要がありますね。
時間みつけてレスいたします!


さて。
何故わたくしが、コンドーム装着までいきつつ
まだ膜健在であるかといいますと…。
今回はそんなおハナシです。


何人かの方がコメントくださったのですが、
「濡れる」ということについて。
快感を脳が察知したときに出される分泌液のこと。
膣壁の粘膜から出ているそうな。


それがですね。

私はとっても分泌されるみたいです…。

他の人がどのぐらいか分からないのですけど、
「濡れない場合は」とか「濡れていないと痛い」などの意見があるということは
分泌が少ない人もいるということですよね。
多分、私は少なくありません。いや多分。
キスしながら、ごにょごにょと触られている時点で
分泌されてるんですよね…。がーん。
キングが触れる時には既に大変なコトに(爆)。

比較できないのでわからんのですが、
これってヤバイのか?!なんか違うのか?!!と思い、
キングに「これ多いの?!おかしいのコレ?!」と聞いたところ…
おかしいってことはない、と。
「濡れなくて困ってる人もいるみたいだし、出るぶんにはいいことだよ」だと。

う~~~~ん。
自分で止めることができないので、
どうしようもございません…。


そんなこんなでですね、
とっても潤滑しちゃうみたいなんですよ…。

で、「いざ挿入!」となったのですが、
なんといいますか、ギドラが侵入しようとするのですが
入り口が小さい上に、
滑る(爆)。
つるっつる滑って、抜けちゃうのです。
がーん。

滑る
↑イメェジ。


先の数センチが入ったかなあというところ…。そっから、抜けちゃう。
まだ「痛い」って箇所まで到達していないと思われます。

どうやら、ギドラがかなりの硬質になっている状態でないと
がつんと入らないらしく、キングも苦労してました。

で、
何度かトライするうちに疲れてしまいまして…。


この日はそれで一時休戦というコトに。


まあ、急ぐものでもないので
こんな調子でいこうと思います。ひい。
いつになることやら?!!
なかなか終焉を迎えない、このブログ(笑)。
だらだらスマヌ…(T▽T)


しかし、ギドラの硬度を保つのって大変なんですね。
人によるのかな。
私がなんとかできればいいのですが…。

私も大変だけど、キングも大変。
セックスって、本当に「協力」なんだなと
改めて思った夜でした。

↓いつもありがとうです!!!

コンドームがくるくるしますが。 

みなさま、お久しゅう。

処女膜についての説明、
はたまた貴重な体験談など、ありがとうございましたー!!m(_ _)m


あれから何度か、機会がございまして。

だが。
だがしかし。

膜、健在!!(爆)

いや、まだあるんですよ。多分。


先日のこと。
「そろそろ、がんばってみる?」と提案されたので
「やる!がんばる!!」と意気込みを語るたくみんさん。

で、もろもろ、いつものような手順がありまして。


指は痛くなくなったのですよ。
最初は「なんかヘンだからやめー!!Σ( ̄□ ̄;」と思っていたのですが
むしろその快感を覚えつつあります(^^;
あー、これが「感じる」って感じなのかあ。
うんうん。よい。とってもよい。ヘンだけどよい。
声がでてしまう…(←まだ自分の声に慣れない。キモい(爆))

キング曰く、クリトリス部分を刺激したりするうちに
穴が「開いてくる」そうな。
筋肉が和らいでくるというか。へえー。


ころあいを見計らって、「うん。そろそろ入れてみる?」と言われる。

ああ…ついに?!
ついになんすか?!!


…の前に、もちろん、コンドーム装着。

興味があったので聞いてみた。
「あのさ、付けるとこ見ないほうがいいの?見ていいの?」と。

「ん?付け方みてみる?覚えたらいいよ」
と言われたので、ガン見(笑)。

ほおー!そうやって付けるのかあ。
くるくるっとね。

でもこれ、くるくるもどって取れちゃったりしないんでせうか?
なんか、こころもとないんですが…

案の定、しばらくすると半分ぐらい巻き戻ってしまった…。

くるくる

質問!!!
こういうモノですか?コンドーム。
根元で止まっていられないものなんでしょうか?
びったし装着されて固定されないもの?

もしかして、キングの付け方は甘いのか?

それと、サイズがあるそうなんですけども、
キングギドラに合わせると普通のより大きめサイズらしいです(゚ロ゚)
だからなのか?



てなわけで、コンドームへの疑問でした。


↓いつもありがとうっす!!!(^^)


律儀に練習してみる。なにを?あれを。 

皆様こんにちは。
さて、またしても始まります。
「たくみんのレッツ☆なぜなに質問コーナー」が!(爆)

アドバイスいただけたら幸いです。
というかもう、今回もホントくだらないです。すみまそん…。


ええと、前回の日記にも書いたのですが
キングギドラの挿入には至っておりません。

が!

他のことは色々試しておるのです。
この前、ついにやってみる機会が参ったのです。
何を?

噂に高き、フェラチオとやらを!!

いや、やり方あってるかわかんないけどな!!(爆)


散々いろいろな箇所たちを攻められてしまった後だったので、
こちらとしても悔しいので(笑)攻めることにした。
目の前にそびえ立つキングギドラ。
もうこれ、「くわえる」って選択ししかないんでわ。と。

…えー、想像でなんとなく「こうかなあ」とやっていたので
まあ正解じゃないと思います(; ̄_ ̄)
その証拠に、どうにもうまくいかないんですよね…。

なんというか…
口が疲れるのですが…。

いや、私は、こういうことは2~3分もやれば
おのずと男性は絶頂に達するものだと思っていたのですがね。

何分やっても
ぜんぜん終わらない!!!Σ( ̄□ ̄;


え?これいつ終わり?!!

…いや、ひとえに自分のやりかたが何か違っているのだ、きっと…。
すまない、キング(T▽T)

見かねたキングに時折、説明される。
「ええと、その、もっと上をだな…細かく…
って!!なんでオレが説明を?!!Σ(〃□〃;)」


と、途中からあまり詳しくは説明してくれないので困る。

「それで充分気持ちいいからいいよー」と言われるんだけど、
最後までいかないってこたぁ何か足らないってことだよなあ?


というワケで、無駄に勉強熱心なたくみんさんは、
ネットの「お悩み相談」的ページで記事を見つけたりしまして。
研究中でございます。

バナナで試してみるとよい、とあったので
練習してみることに。

バナナ


仕事に活かせよ!
そのバイタリティを!!(T▽T)



いやあ。難しいです。
女性のみなさんはやはり、何度かやるうちにできたのでしょうか?
それと、やり方が合っていても達するまでには時間がかかるものですか?
どのぐらい頑張ったら、出てくるのだろう精液は…。

そして、「駄目そうだなあ…」と思っても止めるタイミングがわからん(笑)。

悩みは尽きないのでありました…。


しかし、1回目より2回目のほうが
「あ、この辺なのか」と分かるようになったり。

キングには「人間の成長過程を目の当たりにする機会が、興味深い」
言われております。
誉めてんのかそれ?


↓いつもありがとうございまーす!!(^0^)

発見を書きます。そしてたくみんは…いまだに(ry 

おひさしぶりでございます。

だいぶ長いこと更新できなかったもので、
みなさん「もう終わったか」「さすがに体験したか」
「つーかブログも終わったか」
とお思いかもしれませんが…。

上記の全て、まだです(爆)。

あぁ、すいませんすいません!

いや、キングとは会ってるんですけれどもね(^^;
なかなか泊まれずにですね…。

さて。
あれから4回ほど、キングと一緒の布団に入ることがあったのですが。

最後までまだいってないだと?!
んじゃ、どこまでいったのよ?!!


はい。お答えいたしましょう。
どこまで行ったかといいますと。


ゆび。


…前回と変わらない
やんけー!!!Σ( ̄□ ̄;



いや、違うんす!
ちょっとは進んだんっすー!!(T▽T)


ええと、痛くなくなりました(^^;
ひー。
そのかわり、大変なコトになります(爆)。
(これについては後の日記にて。

ゆっくり進んでくれているキングには、頭の下がる思いです。いやホント。


さて。発見したことを書いておきます。
というか世間的には常識なことだと思うので(爆)、
「今さらそこかっ!」とご笑覧くださいませ…。
いや、身を以って体験したので書かせてくれっ!!


<発見その1:性感帯とやらは成長する>
最初、胸を触られたときには
「うぎゃっ!くすぐったい!ぎゃはは!」と
笑いまくった(ムード台無し)わたくしですが、
回を重ねるとですね…。
あら不思議。なにこの感覚?てなカンジになってきましたよ。

あー、感じるってこのことなのかあ。と(←おせーよ!!)。

ぞわわわ~~っ!と何かが体を駆け巡って体温上昇。
さらに声帯に伝わって、予想外の声が発せられる。
という仕組みでございます。



<発見その2:腹筋の筋肉痛の訳>
思いのほか、声がでます。自分でびっくりするホドに。
意識していないのですが、どうにも我慢ならんのですよね…。
いやもう最初は「どっから声でてんだ」と自分で思いましたよ…。
なんかすげー恥ずかしいです。いやまじで。
みんなこんなモノですか??

友人に「次の日、腹筋が痛い…」と言ったら、
「それ声だしてるからだよ(笑)」とバレました(爆)。

やっぱそうなん?!!
声そんなに出さないもんなの?!!

ぎえー!



…といった状況でございます。


こんなゆっくりでいいのだらうか…。

次回は質問いきます!

↓いつもありがとうです!次回は質問編!

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。