スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

性感帯ってあるじゃない 

「性感帯」。
刺激されると、性的な衝動を感じてしまう部分、といったところだろうか。

元来、私は体全体的に「くすぐったがり」である。
病院で腹部など触診されると、もう大変。
我慢できずにウハウハと笑ってしまい、恥ずかしい思いをするのであった...。

だもんで、「気持ちいい」というよりも「くすぐったい」が先にくる場所が多い。

以前、好きな人とそーゆーことになった時(詳しくは以前のこの日記参照!)にも
まーーーーー笑ったこと(すいません(爆))。

人によるんだろうけど、奴は逆にあんまり「ここが感じる」ってのがなかったみたいでして。
私はなんだか、自分ばっかし色んなとこを攻められて(笑)悔しかったので
いろいろ触ってみたんだけど。。。。
最終的には「あそこ」しか、感じてるとこがみつかんなかった(爆)。
男の人には性感帯が少ないのか??

で、私、ちょっとおかしいかもしれませんが、とある部分が異常に敏感なのである。

「腰骨」。

なんも考えずに電車に座っていて隣の人とぶつかっても、
「ひゃっ!!」と思ってしまうほどに。
体に電流が走る感じなのです。ゾワゾワ~~~っと。
ゾワゾワするんだけど、快感に近いみたいな。変な感じなのだ。

神経が集中してんだろーか?腰骨に。なんだか弱いのですよ、そこんとこが。
そういうの、人それぞれあるんだろうね~。
それを探ってゆくのもコミュニケーションなんだねー、きっと。


そうそう、また他のときに書こうと思ってたんだけど、
性的なコミュニケーションをする時に「声」って教えられなくても出るもんなんだなあと。
その、以前の時、挿入前まででしたけど、自分があまりに自然に「女っぽい声」(笑)を出していたので
びっくりした。というお話。なんだその声?!みたいな(笑)。

↓ランキングに参加しています。よろしければポチっとお願いします(^^)

コメント

性感帯のありかって・・・

人によってまちまちでしょうね。
耳って言う人もいれば、わきの下って言う人もいるし・・・。
それを開拓していくことが、また楽しかったりして。
男ってHしながら、結構冷静に性感帯を探しているもんですよ。
そして見つけたらもう、鬼の首を取ったかのように、そこを集中的に攻める(笑)。

過去に下半身の繊細な部分に性感帯が有る女性がいて、指でそこを攻めまくったら「そんなにしたら気持ちいいのを通り越して痛いわよ!!」と叱られたことがあります、あはは。
それ以来「そこ」を攻める時はソフト・タッチを心掛けています、うしし。

性感帯の場所は人によってバラバラですね。
敏感な部分・背中・乳頭・アナル・耳・
ウナジ・脇の下・膣などなど色々様々です。
ただしプログにある恥骨は性感帯ではなく急所で強打したら動けなくなりますので、どちらかといえば男性のタマタマを強く打った感覚ににています。
余談ですか、とある国の軍隊では肉弾戦になった時は恥骨を狙うそうです。

■NOMOさん

やはり、お互いに探すのもコミュニケーションなんですねー。
見つけたら、たしかに「やったぜ!」と思いそうです(笑)

■ユニさん

すいません、私の書き方が悪かったかな?^^;
恥骨の部分ではなく、腰の横のとこなんです~。
なので、日常生活でもたまに当たったりする場所で、
気を抜いてると「ぎゃっ!」と言いそう(爆)

やはり女の人のほうが、性感帯って多いのかなあ。

いいのかな、私も書いちゃって。

それを探すには、お互い恋愛や信頼の裏づけがあるから、できるのでしょうね。逆もあるかな。性感帯を探して満足するためだけの関係、もあるかもしれません。うらやましい。
で、私は自分で、、、フッ、寂しい。

こんにちわ^□^またみにきちゃいました。
思わずコメントしちゃいます♪
また見に来ますんで更新がんばってください。

■宇宙人さん

信頼の裏付けがあってこその関係で、探し合いたいなあと思います^^
そういうコミュニケーションて、濃密ですよね。
でも、「それだけ」の関係は、どうなんでしょう?人それぞれですが、私は考えられないなあ。

■銀狼さん

ありがとうございます~^^
銀狼さんのブログ、拝見させていただきました。世の中、いろんな形の恋愛があるんだなあ。千差万別なんですね。本当に。
また読ませていただきますね。

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://30birgin.blog108.fc2.com/tb.php/39-6e16f31d

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。