スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なぜ有るのか?!処女幕は!! 

未開封・たくみんでございます。

突然ではありますが、怒っておりますよ(笑)。
なぜなら…
処女膜の存在理由が
わからんからだ!!!



何故だ?!
何故、女性ばかりが痛い思いをせにゃならんのだ?!
男性は気持ちいいばかりなのにー。

いやもうね。
卒業されたみなさん全員が、痛みに耐えたかと思うと
本当に頭の下がる思いですよ。
しかも、出産とちがって「意味のない痛み」ではありませんか。


はぁぁ…


なぜいきなり怒っているかというと。
先日、「そろそろ挑戦してみるか?」と言われて
指を2本にしてもらったところ…

「いったぁー!!痛いー!!(T□T)」

…まあムリ(爆)。


指1本のときは全然大丈夫なのに、2本だとムリ。
途中までしか入らなかったのですが、
キング曰く「なんかに当たった…」

それが、膜なのではないかという見解に至った次第です。


なんでこんな痛い思いしなきゃいけないんだよー!!


こんなことでは、キングギドラの侵入など
先のことになるかも知れん…。

やだよー!やだよーーーー!
流血なんてやだー!!!痛いのムリ!!


みなさん、やはり最初は痛かった…ですよね?

↓ああ~…決戦は間近か?

コメント

なんであるんでしょうね~

処女膜の形状も色々あるようで、
全然痛くない人もいるようですが、
膜がすごく厚くて、性交が困難で、
病院で切る人もいるそうですよ。

私はものすごい痛かったです。
声もでませんでした。普段感じない種類の痛みですしね。
出血もすごくて、生理の2日目みたいに
ドバーって出ましたよ。(^^;
シーツがすごいことに・・・
バスタオル敷けばよかったです。

でも、相手に処女だというのは伏せておいたのと
相手も初めてでいっぱいっぱいだったので、
なんか入らないのは慣れていないからと思ったようで
処女だから入らないとは思われませんでした。(笑)
痛いけどガツガツされて、もう瀕死でしたよ~。。。
終わってから言いましたというか、言えました。

股関節もガクガクしちゃって、
次の日まともに歩けなかったのはいい思い出です。

無題

女の子には優しくしなきゃね!

ロストバージン

お邪魔します。
処女膜、プチッ!痛いんだろうな。
そんな話しを一席。
昨年の事、当時私44歳既婚、彼女46歳独身・処女・職場の同僚。
一昨年からの度重なる職場の飲み会にて徐々に意気投合!今度は二人で交流会ねって約束。
一回目の交流会は食事&飲酒を堪能。
二回目の交流会で初ホテル、初AからBへ(古っ!)いよいよ挿入!充分に濡れた彼女の膣に隆々としたMYキングギドラを押し当てると「痛いっ!」との叫びとの後に「初めてなの…」の告白。まさかと思いつつ指を入れてみると「狭い」、「そっか処女なのか?」にコクリ。動揺と久々の処女(46歳だぞ)にその場は焦らず無理せず指・口での愛撫、私に気を使ったのか彼女がMYキングギドラをパックリ、優しく時に激しい指使いとオーラルで絶頂へ!お口の中にドックドクをゴックン。その後抱き合ったまま話を聞くと、今まで少ないけど男子との出逢いは有ったが最後まで何故か行けなかった、お友達との会話や女性誌から情報だけは耳年増でフェラもシュミレーション済みとの事。
三回目の交流会には潤滑ジェル持参!彼女の濡れた膣とMYキングギドラにたっぷりとジェルを塗りゆっくりと挿入、強く目を閉じた彼女が小声で「痛いっ」と同時に下半身にプチッとの違和感で性交成功!ゆっくりと射精まで終了。
彼女は涙目で「良かった(性交ではない)、処女のまま終わるのかと思ってた」だって。
その後も交流会を続け7回目の交流会では潤滑ジェルが不必要となり「女の良さ」も解ってきたとの事。
不倫では有るが、そんな彼女が可愛く深い付き合い継続中。

ほんっと処女膜ってやっかいな代物ですよね~。
まだ若くて我慢もなかった私は、あまりの痛みにもう少しで相手のことを嫌いになりそうでした。
それを察したのか、彼もあまり無理をしてこなくて、だいたい気持ちいこと9割、痛みのあること1割といった具合に、ゆっくりじっくり慣らしていきましたよ。
で、挿入までに半年もかかったせいか、結局、出血はなかったように思います。

たくみんさんもあせらずに、その時できるかぎりの気持ちいいことをお互いにやってみて、ラブラブ期間を楽しんでください~。

処女膜~

痛さは人それぞれみたいですね。その時に緊張でガチガチでぬれてないとさらに痛さが倍増しそう… 。私なんて指一本で味わったことない激痛でした(´Д`;)

まだ私も未開封なんすけどね…膜というか、ヒダみたいに重なってると本で読みましたが、やっぱりアレがはいるとなると…想像するだけで恐怖(°д°;)でも皆それを乗り越えてるんですよね…。

自分体が固いから、少しでも痛み軽減するように体操しようかな…意味ない??(笑)

たくみんさん、焦らずいきましょっ♪

痛いのは、辛いな

なんであるんでしょうね~
私は、まったく痛くなかったんですよっ~
血も出なかったし・・・・
人によってそれぞれと思いますよっ

ご無沙汰してました・・・・

たくみんさん。
お先に行かせていただきました^^A。

私も処女幕の存在を暫く恨みましたよ…
なんでも幼少時、雑菌だかが入らないよう保護するものらしいと聞いたことがありますが、
なんなら妊娠OK!な年齢になったら剥がれるなり溶けるなりしたっていいじゃん!とか…

でも血液が出るのでラップのようにぴったり張られてるわけではないらしい。(と婦人科系サイトで学びました)
穴が開いててその形は人それぞれだとか…

幸い(?)私は、出血がありませんでした。
タオルとか敷いて欲しいと言おうか悩んだり、終ったら速攻トイレに駆け込んでナプキンつけなきゃ…とか考えて
ムードある処女喪失ではなかったですが、終ってみてトイレに駆け込んで、アレレ?って感じでした。
彼が上手かったから、私に大穴が開いていたからか分かりませんけど…

それでも、やっぱり痛みはあるので、慣れるまで時間が掛かりそうです。

男側

男からしても、突然血が出ると「ナンジャコリャアア!?」ってなりますよ。。。

女性は生理とかで血には慣れてるのかもしれませんが。。。男はビビりますよ^^;


キング氏自身は怖くないんでしょうか..?

やはりそんなに痛いものなんですね。

私も以前経験した女性のアソコに
異物のような感覚がありがヒドイ痛がってましたので
「これはきっと」と思い途中で止めました。

色んな意味はあるんでしょうが、
デメリットしか出てきませんよね。

痛かったです。

最初はありえないくらい痛かったですが『意味の無い痛み』かどうかは、実際に痛みを乗り越えたときに考えが変わるかもしれませんよ!(変わらないかもしれないけど…)

あと、今さらですが下記事のコメさせてもらって良いでしょうか。

性感帯が進化するのは、刺激されたときに声を出したりちゃんと反応してるからだと思います。たぶん「自分の反応でさらに感じる」という自己暗示的な部分もあるのでしょう。
これからも恥ずかしがらずにどんどん声出しちゃってくださいね☆

口でのやり方については、私は現ダンナにかなりしつこく聞きましたよ(笑)
彼の場合は、頭の部分を通過するときに下唇を引っ掛けるようにすると良いんだそうです。
あとは月並みですが、手も同時に使うとか、唇で上下運動をしながら舌でも上の方を舐めるとか…。

異性のことなんだから、何が気持ち良いのか分からなくて当然だと思うので、お互いに良い・悪いを伝え合っていけば、そのうちお二人なりの形が出来ていくんじゃないかと思います!

なんて、偉そうに長々と書いてしまいましたが(マジで長くてすみません…)私も産後、レス気味になってしまっていて毎回痛いのが現実です。お互いがんばりましょう。

最初は…

痛かったです。
というか、実は未だに若干痛いです。
中に入ってしまえば大丈夫なのですが、入るまでが痛い!!
入り口が痛いのです(><;)

ちなみに私は男性のナニが入るより、指のが痛いです。
なのでなるべく指は入れないでもらってます。
普通はどうなんだろ?
指のが大丈夫なのかなぁ?

えっ、そんなに!!!

指を増やすだけで、そんなに痛いんですか!?

慣れてきたたくみんさんですらそういうことなら、私なんて、もっと・・・・・。

処女膜の存在理由に関しては、私もさっぱりわかりませんが、粘膜関連、ということで話をくくると、もともと下半身の血流がよいかどうかでかなり変わってくるもの、らしい、です。

血流が悪くて冷え冷えとしていると、粘膜が潤わなくて、栓が開いていて(!)何度も経験して慣れているとしても、あまり気持ちよくならないそうです。

男の人にどれだけ手間暇かけてもらったところで、女の人の体が元々寒々としていたら効果がない、というか。

気持ちよく感じられないまま、潤わない体で無理して応じていても、女性の体に負担がかかって疲労が溜まり、結局感染症などの病気にもかかりやすくなってしまうのだそうです。

なので、普段からなるべく半身浴をしたり飲み物は温かいお茶を飲むなどの配慮が必要みたいです。

詳しいことは、『かわいいからだ』『骨盤教室』などの本を書かれている寺門琢己さんの著作を参考にされるとよろしいか、と。

健康知識ばかりでなく、セックス関連に関することを書いた本まで出されてますので。

男性の下ネタを聞くより、よっぽど耳年増になれます(!?)。

っていうか、私もたくみんさんに負けず劣らず!?

初めは

ブログの更新をいつも楽しみにしています。
私も初めはほんとに痛かったです!
指が2本になると頑張っても第2関節くらぃまでしか入りませんでした。
でも時間をかけてちょっとずつ進めてもらったら全部が入り、しばらく指を入れたままにしてもらっていたら痛みにもだんだん慣れて来ました。
そしていざ挿入ですが、さらに痛かったですけど、処女膜を貫通しないことにはいつまでたっても痛いままと聞いていたので、頑張って入れてもらいました。
全部入ってからしばらくそのまま動かずにいてもらうとまた慣れて来ました。
出血もしましたし、しばらく違和感もありましたが、達成感で嬉しかったですょ。
そのあとも2、3回目のセックスのときは痛かったですが(でももぅ出血はしませんでした)、だんだん痛くなくなって来ます!
ローションなどを使うと痛みが軽減出来ると思います。
すっごく痛いのは初めての1回だけだと思うので頑張って下さぃ!!

意味のある痛み

ひょんなことでここを知り、興味深々で拝読しました。いろいろご苦労がおありのようですね。

実は私の嫁は処女のころに婦人科の病気の疑いを持たれ、経膣エコー診断を受けました。そのとき処女膜を半分ほど切開したので、初めてのとき出血はしましたが、あまり痛くなかったようです。私は、彼女が身体のために検査を受けたことを否定するつもりはありませんが、やはりちょっと残念な気持になりました。

一生に一度、女性に与えられる痛み。「意味のない痛み」などといわず、ぜひ「その瞬間」をその痛みとともに、思い出に刻んでください。きっと「意味のある痛み」になると思いますよ。

失礼しました。

初めまして

いつも更新楽しみにしてます。

「無意味な痛み」ではないと思います。
障害(それこそ「幕」とか)を乗り越えてようやく最後まで行き着くことができるんですよ~
もう処女じゃないんだ、という達成感を味わえますし、彼側としても(私の彼は処女と致すのは初めてでした)努力した分いとおしさが増すみたいです。

たくみんさん、もう少しです。頑張って下さい!

しかし、ドラマとかでありがちな「美しい初体験」なんて現実にはあり得ないですよね…
痛いし怖いしムード作りどころじゃなかったです。

本当になんであるんでしょうね
医学的にはちゃんと理由があると思うのですがw

それにしても初めてを迎えるのにそんなに苦労するとは!
とちょっとびっくりしているsnowwhiteです

個人的な体験としてあんまり苦労せず終わっちゃいましたので
たくみんさんの切磋琢磨な状況が何気に新鮮、です
オンナトモダチとそこまで深く話をしたことがあんまりないけれど、
皆、苦労していたのかなーと今更ながらに考えております

ゆっくりとたくみんさんとヒデキングさんのタイミングを見つけてくださいね☆

う~ん…

本当は、膜ではなくて、ヒダの塊なんですよね…だから生理の時はちゃんと出血します。たぶん、管理人さんはヒダが特別固いんでしょうね…本で読みましたが、痩せてるとヒダが固いらしいです。それからスポーツやってたりして、脚を使う激しい運動してると、自然とヒダが広がって初体験でも出血しない人もいるそうですよ。痛みも出血も人それぞれみたいです。まだ、「完全に膜」だと思い込まれてた昔は初体験で出血しない女性はあらぬ疑いをかけられて苦労したでしょうね…確かに不平等だと思います。ちなみに、私の場合、生理後にビデを使ってたせいか初めてでも、そんなに痛くはなかったです。「慣らし」になってたのだと思います。とりあえず、ゆっくり身体を気遣ってゆっくり進んでくださいね。

参考に・・・

参考になるか分かりませんが、体操をしている女性は開脚の練習をしているうちに勝手に処女膜が破れてしまうらしいです^_^;
あと、処女膜があるのは闇雲に性交をしないようにするためではないでしょうか?
本当に好きで大切な人とならその痛みを乗り越えられるということでしょう。

少数派かも。

やっぱりみなさん痛かったのですね・・・。

私は全く痛くなくて、出血もせず。
当然のように疑惑をかけられました(笑)
そんなわけであまり思い出としては残ってなかったり。

苦労した分、乗り越えたとき達成感があるかも。

痛いのは人間だけじゃないそうですよ。
猫のペニスは針みたいに鋭くて、メスの痛みは相当らしいです。逃げ回るメスをとっ捕まえて交尾するって何かで読みました。
たしかラッコのメスも交尾時に相当の痛みを伴うらしく、オスがメスの首に噛み付いて押さえつけながら行為に及ぶとか・・・。
人間は回数を重ねていけば、女性も快感を得ることができるのですから、まだ恵まれている方なんでしょう。きっと。
こりゃ、哺乳類の不思議ですね。。

はじめまして

『「処女膜」の正体は「重層扁平上皮」という粘膜のひだで、膣口と膣前庭の境にあり、膣口の一部を半月状に覆っているものだ。けっして一枚の膜のようになって、膣口全体を覆っているものではない。
ほとんどの哺乳類では、成長とともに膣口は完全に開いてしまうそうだが、人間の場合、不完全にしか開いてないのである。その開ききらなかった部分を「処女膜」と名づけた。大人になるまで残った胎児期の名残といえる。
生まれつきこの膜を持ってない人もいるし、スポーツなどの激しい運動で破れることもある。また、バイクなどに乗った際に破れることもあることもあるという。ましてや生理のときに、タンポンを使う人の場合は、破れてしまうのが当然といえよう。』
はじめまして
いきなり、長々と、失礼しました。
家の雑学の本に載ってたものを 簡潔にまとめられなかったので そのまま書いてしまいました。
初めてでも 痛くなかったり 出血しなかったりっていうのは すでに 破れてしまっていたのかもしれないですね。
私は彼氏いない歴38年なので このblogをいろいろ参考にさせて頂いてます。
でも、私は一生このままかもです。

匿名ではなく…

今まで、匿名だったのですが、これからは、りこりこで固定しようかと…。

文車妖妃さんのコメントに、反応してしまいます(^o^)
私は、彼氏いない歴37年。
処女どころかキスもまだですよ(^o^)

このブログは、うらやましいな+とても参考になっています。
やっぱり若い子とは事情が違いますから…。

といいつつ、私も一生処女だと思うんですよねー。寂しいけど…。
是非、文車妖妃さんと、お友達になりたい!(^o^)

痛そうですね…

30半ばを過ぎた、男性と2人で話をした事もなかった私ですが…彼が現れ。
イロイロ参考になります。
私も、処女で子宮口までモノが入ったのは、検査の機械でして…
結構、そんな人も居るんだなと、勇気づけられました。
ブログ続けて下さいね♪
三十路の乙女たちの為に☆

共感です!

たくみんさん初めまして。
ブログ面白くて、いつも参考に
させてもらってます!

私も(20代)この前初めて
挑戦したんですがあまりの痛さに
半分くらい入ったところでギブ。。。

彼は「相当痛いらしいねー」と
心配してくれましたが、
正直「痛みをわけてやりたい」と思いました(笑)

子孫を残していくのに、女性の
処女膜は障害になっている気がします。。。。



頑張りましょうね★

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://30birgin.blog108.fc2.com/tb.php/131-01b08103

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。