スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

役に立ったか「ふたりエッチ」。ただし・・・ 

そろそろ4月。早いですなあ。
うちにも新人くんが入ってくるということで、先日
机の大移動&大掃除をいたしました。

で、パソコンも移動したのですが、これが結構な手間でして。
まず配線を一からやりなおさねばならんかったのです。
うがー!!めんどくさ~!!

しかもパソコンがまた重い!一度置いたら移動が大変なのだ。
なので、横着者の私は、まずパソコンを定位置においてから
手を後ろの隙間に回して、配線関係を作業しておりました。

だが世の中そんなにうまくはいかず。
どこにこのケーブルが入るか、まさに手探り状態。
だって背面が見えてないんだし!

あ~!どこに穴があんだよー!!


・・・という状況で、ふと思い出したことが。。。
先日ここで話題にした「ふたりエッチ」という漫画のワンシーン(爆)。
(詳細は前の日記→「買った!!なにを?アノ本を!(爆) 」

その内容はといいますと。。。
初めてセックスをする主人公(男)が「穴がどこだか分からない」
というシーンがあったのだ(爆)。
電気も消してて、探ってはみたもののうまく入らない。

まさに今の私の状況じゃないですか(笑)。
パソコンの背面を、見えないながらも手探りで穴を探すこの状況!

分かるっ!分かるよその気持ち!真さ~ん!(←主人公の名前)


で、「ふたりエッチ」にはその対処法まで書かれていたのだ!
「ここだと思う場所より下のほうにあて、上にずらしてゆく」と・・・

やってみた(爆)。

カチっ。

はいったあぁぁぁ~~~~!!!
USB接続、完了♪


なんだか役に立っちゃった♪(全く違う意味でな!!!)

男の人ってこんなキモチ?(違)

↓男のキモチがちょっと味わえた春(間違い)ランキーング♪
スポンサーサイト

処女の負い目やいかに? 

さて、久々に話題を変えましてと。

処女の「負い目」について考えてみようと思います。

まー30代処女といいますのは、紛れも無くコンプレックスなわけでして。
人生、「経験」が全てなわけであり、仕事でも遊びでも
経験が豊富な人というのは魅力的なものです。

そんな中、人として生きる中で最も重大な行為を
経験せずに、30余年のうのうと生きているわけであります(爆)。

この状況、負い目を感じずに居られようか?!
いや、居られまい。居られませんとも!!


どんなに自分がとある分野で人に勝っていたとしても、
「処女である」が故に全てにおいて負けている気がしてならんのだ。。。
いとあはれ。

たとえば。

私は仕事が好きである。そして要領がいいと思う(自分でゆーか(爆))。
忙しく動いていることが苦にならず、かなりのマルチタスクをこなす自信がございます。
コネクションを如何なく発揮し。得意先にも気にいっていただき。
そんじょそこらの中間管理職よりもよっぽど会社に貢献しております。
tkm080323_make02


はたまた休日は趣味にあけくれ、バンド活動。
こちらも趣味とはいえ半端な気持ちではなく、かなりの力の入れ様。
活動内容が、サラリーマンの域を越えております(爆)。

tkm080323_make01


とまあ、公私の充実は、
そんじょそこらの社会人には負けない自信があるのですが・・・


でも・・・でもしかし!!!

セックスをしたことがございません(爆)。

その一点において、仕事のできないダメオヤジ社員(既婚)に、
人間として負けている(爆)。
・・・と思ってしまうのであった。
tkm080323_make03


もちろん、世の中セックスが基準なわけじゃないけどさ。
わかってるけどさ!!
あんなダメオヤジですらセックスしたことあるのに、なんでアタシがまだー?!!

ああ。仕事できても趣味が充実しても、その一点だけでマケマケなのだ。。。

↓ダメオヤジにすら負け負けランキング。。。

認めたくない。ロマンチックが止まらないワケではない。 

はぅあーーーーー。

先日飲んでからとゆーもの→前回日記参照やたらと奴の事を考えている。
まあ、今まで通り、たまにメールもする。

しかし、私のこの何か得体の知れない揺らぎを悟られたくないため(笑)、
返事は短く、そっけなく。努めて、そっけなく。
今まで培った文章構成能力を最大限に発揮した「そっけなさ」メール(爆)。
ブログで文章力鍛えててよかったぜ!(違)


考えてるってことは、好きなんだと思う。

いやでも、それはどんな「好き」なんだろう?

今までにも、他の人でこういう状況ってあったなあと懐古した。

社会人1年目で知り合った同期のこと。すごくいい仲間だったんだよね。
私は彼のことをどうしようもなく好きだったし(今思うとオトメやな~!)、
キスしたいとかハグされたいとか思ってたし、
向こうも私に好意を持っている素振りを何度も見せていたので、
思い切って自分の想いを伝えたときのこと。

「・・・・・たくみんのことは、いい友達と思ってる」


ああ、そうなんだ。
男の人って、あんなに一緒にはしゃいだり遊んだりしても、
あんなに気がある素振りを見せていても、
本当は、どう考えてるか分からないんだ。


・・・ってな痛い経験をした、23歳の冬。鎌倉(爆)。

そんなことを、その後も懲りずに何度か経験したのだよね、あたしゃ^^;。

今もたくさんの良き男友達に囲まれておるわけなんですが(笑)、
どんなに可愛がられても、仲良くなっても、
「私って、友達としてなのか・・・」っていうのが
刷り込まれてるんですよね、心のどこかに。

そうして私は「防御壁」を作ることを覚えたのだった・・・いとあはれ。
よーするに「お前は友達だ」と言われて傷つかないよう、逃げ道をつくるのだ。
たとえ相手を好きになっても、いつでも撤退できるように、
「え?私、◯◯のことは好きだけど、それは友達としてだよ?やだなあ~」って
こっちから先に思うようにしたのだ。
深みに入らないように、傷つかないようにな!!

友達だと思っていれば、傷つかずにすむ。
↑かなしいよなぁ、こんな思考(T_T)わかっちゃいるんだがー!

怖くて、自分の気持ちを認められないのだすーーー。
ははは。
傷つくのコワイんだよね。
しかも、年を重ねるごとにその怖さは増していってる気がすんだよなあ。


さらに、万が一その自分の気持ちを認めたら、
今度はまた違う「苦しさ」がありそうなのが怖いのやも知れん。

↓ロマンチックがとまりますランキング。

なんだか苦しいのだ。 

ぐるじい。。。

っつーか何だこれは?!
くっそーーー!!!

ええ・・・
仲良しの男友達と、飲んだわたくし。
今までだって何度も二人で飲んでるし。みんなでも何度も遊んでるし。


あいつは何も変わらない。

なのに・・・

なんか。
なんかねえ。

すっげーーーーーー楽しかったのだ(笑)。

いや、最初こそ、前の日記(→コチラにかいたよーな不安が
グ~ルグ~~~ルと脳内を駆け巡っていたわけですが。
今更ねえ(笑)。友達なのに。
でも、飲み始めたら、フツーに楽しかったのです。

そしていつしか、私は余計な詮索やら「試す」ことが
どーでもよくなり、ただただアハハと笑いながら飲んでいましたよ、あたしゃ。

ほんとに楽しくて、ずっと飲んでたいわ~と思ったのだ。
この、たくみんが(爆)。
めっちゃ社交的なくせして、実はATフィールド(という名のココロの壁(笑))
常に張り巡らしてる、たくみんが。。。

体裁とか、利害とか関係なく、そんな風に思っちゃったのだ。
こいつのこと、もっと知りたい。と思っちゃったのだ。

なんだコレ?!


でも、自分の気持ちを認めることが非常にくやしい(爆)。
これは「恋愛の『好き』」じゃないもん。
友達として、というか兄としてだな。
だから、ぜったい勘違いしちゃいけないんだって!!!
たくみ~~ん!しっかりしろォォォォォォォ!!(;□;)

そういうの、早とちりして、今まで何度痛い目みたことか。
思い出せ!思い出すんだ!あのドロドロな日々ををを~~~(T_T)

一方、向こうだってそんな風には思ってナイわけだ。
いや、嫌いじゃないよ?たぶん私に好意を持ってくれてはいるよ?
でもそれは仲間として、なワケで。

私がそんな風に、自分の気持ちに動揺してる(とは今でも思いたくないが(爆))のを絶対に悟られないように、たくみんは「いつものたくみん」で有り続けましたとさ。


なんだか、認めるのが怖いのだ。こーゆーの。
どこまでも、アホ。

↓「素直」ってなんでしょう??ひねくれ32歳~♪なランキング。

土曜日の約束。老後の妄想。 

今日は、日記を二本立て。
ガラリと話題を変えまして、と。


私、どうも恋愛が苦手なようなんです(今更)。

気兼ねなく飲んだりできる男友達はいっぱいいるくせに、
ちょっと気になるかもなあ、っていう人ができると、
それまですごく良い「友達関係」を築いていたのが、
途端におかしな方向にむかってしまうという傾向に。

向こうはなにも変わらないのに、そこから私の独り相撲が始まってしまうのだ。

例えば。
その男友達とは何年も友達だし、フツーに冗談もいえたし、
2人で飲みに行くのに何の気遣いもなく、楽しいモノだったのに・・・
意識し始めた途端に、私は「そいつの人と成りを見る」「試す」という、
なんとも小ずるいことをし始めるのです。

「本当はどんなヤツなんだろ?」「どんな家庭で育ったのかなぁ」
「ここで私がこう言ったら、つっこんでくれるか?!
(↑Mゆえ、ツッコミは重要だと考えている(笑))


よーするに「友達」から「付き合うことになるかもしれない、好きな人」
なった瞬間に、自分の中での壁というかハードルがガーン!
上がってしまうという、なんとも勝手なやつなんです、私(T_T)。


そして私の妄想はどこまでも。

「もし、この人と付き合ったら・・・」
「もし結婚ってなったら両親は何ていうかなあ」「新婚旅行、どんなこと話すんだろ?」
「子どもができたら、この人はどんなお父さんになるんだろーか?」


さらに、私の妄想は一人で勝手にエスカレート。
最終的にはなんと「二人の老後は、どんな感じで過ごしているか?」までを
シミュレーションしてしまうのだ!
これ、大げさでも何でもなく、本当にそんなことばっかり考えちゃうんですよ。

老後だよ?ええ?!アホじゃないの?!
(↑これを聞いた女友達は、みんな口を揃えてこういう)

これってもう・・・ビョーキの域?!!(爆)

そんなこと、実際は真逆の結果になるかも知れない。なのに、その
自分の想像だけで「この人とうまくいくのかなあ」と心配になってたりするのだ、私は!
もーー、どこまでアホなんでしょう。好きになると不安ばかりが募るのだ。

恋愛ってさ、いっぱい同じ時間を過ごしてお互いを知ってゆくものだよね、本当は。
だから私みたいなことって馬鹿げているとは思ってるんだけど。。。

ずうっと、それで何度もチャンスを逃してるんだなあ。私。
(さすがに逃したことには気づく。でも遅いのだ。)

人を好きになるのって、すごくワクワクするし、その気持ちは好き。
デートも、わくわくする。

しかし反面、こわいのだ。
相手を試してしまう。そして自分で勝手に結論づけてしまう。
どうせ一時の気の迷いかなあとか、うきうき損かなあとか。
相手に誤解されないように逃げ道つくったりする。ずるいよねえ。

「とりあえず付き合ってみる」という選択肢は私にはナイのだった。
恋愛を、重く考え過ぎなの!分かってるのだ、そんなことは!
でも重いんだもの~~~~~~~~(T_T)

* * * * *


そんなこんなで。
明日、土曜日。男友達と飲みに行く約束があります。
向こうもなんも考えてないのに。。。今までだって仲良かったんだし・・・
私もなんも考えなきゃいいのに、私のアホ。。。

そいつのこと気にしてんのかなあ・・・別に好きじゃない!くそぅ。

↓素直になれない32歳に、おチカラを。。。

で、どうなった「ふたりエッチ」。 

そんなわけで(→そんなわけは前回の日記で、買ったのでございます。
「ふたりエッチ」という漫画を。

で、家に帰ってさっそく、襟を正して(笑)読んでみました。

え~~~~、書きたい事がいっぱいございます(笑)。

まず、「こんなわけないやろ~~~!!!」と。。。
漫画として!!そしてストーリーとしてっ!!
いや、20代後半以降の処女の存在は、もちろん認めますよ?!
私がその生ける証明ですし(笑)
でもこんな純粋で無垢で、男の人のことなんも知らなくて、お人形のよーな処女は
いないんじゃなかろーか?

そして、読んでて思いましたのは、これは作者の願望ではなかろうか、と。
こんな奥さんが毎日、家で待っててくれて、帰ったらセックスして・・・という。
男の人の目線で描かれてるなあ。。。ていうのが正直な感想。

でも、所々に書いてある「説明しよう!」的な講座(?)は為になりました(笑)。
局部は描かれていない(消えてる)ので、グロい感じもなかったですし。


そして、私が最後の一歩手前まで経験した時のことを思い出し(→過去日記)。
「あれは、いわゆる
教科書どおりの攻めだったんだなあ」
と(^^;
(その時の詳細は、いずれ。。。)

あと・・・そんなん毎日するもんなんすか?夫婦って??

そして、やっぱ痛いんですかね・・・漫画ではそーとー痛がってましたけども。
なんかもーやだーーー。痛いのやだよーーーーー。


と、3巻まで読んでの総合的な感想は、
3巻でお腹いっぱいになっちゃったということです(笑)。
確かに勉強にはなるんだけど、こういうことって
やっぱり相手に教えてもらいたいよなあ・・・と^^;


そして。
3巻にはものすごい衝撃が待っておりました。
えー、3巻が、乱丁本でした(爆)。

今までの人生で乱丁・落丁本に出会ったのはたったの2回ですが、
まさかこんな本が乱丁とは、もう救いようがございません。。。
だって取り替えてもらうには、どうしたって買ったことがバレるじゃんかー!!!(T_T)

みなさんの「漫画喫茶がいいですよー♪」というありがたい助言を
いただいていたにもかかわらず、買って読んでしまった私に
バチがあたったのだと思います(爆)。

↓乱丁本、古本屋にも売れやしない。。。とほほブログランキング。

買った!!なにを?アノ本を!(爆) 

え~~~、前回の日記で書いた「ふたりエッチ」という漫画ですが・・・。
(前回の日記→コチラ

買いました(爆)。

みなさまのありがたいコメントやアドバイスをいただき、
これは漫画喫茶で読むのが一番だろうと思っていた矢先。
出張の帰り、資料を買おうと本屋へ行ったのだ。巨大で有名な某書店でございます。

こ・・・ここならあるのでわ?!!くだんの本が?!!
しかも、デカすぎる本屋ゆえ、いちいちい顧客の顔なんざ覚えていないのでわ?!
本屋01


これはー!!買うチャ~~~ンス!!

・・・と、仕事の資料そっちのけで(おい)探してみましたとも。
で、あっさり発見(笑)。
ごくフツ~の漫画コーナーに鎮座まします「ふたりエッチ」。
え~、こんな普通に売ってんだ?!

だがしかし。そこからの葛藤が。。。

置いてある場所は分かった。遠くから目視確認完了☆
でもなあ。。。そこの近くで男性が何かの漫画を立ち読みしてんだよなあ。。。
このまま行って手に取ったら、バレバレの位置なのである。
しばらく、他のコーナーなど行きつつ、時間をつぶして戻ってくると・・・
まだ読んでる・・・
立ち読みなげーよ!!Σ( ̄□ ̄;
アタイのこの葛藤を何だとお思い?!(T_T)

仕方ないので、近くにいって他の漫画を選ぶフリをする(笑)。
全然知らない漫画を読んでみたり。しかし意識は常にあの漫画にロックオン☆
(なにやってんだ、あたしゃ)

男性がようやくどこかに行ったので、ついに手に取れる状況が今!!
もたもたしていたら余計に怪しいので(つーかこの時点ですでにあやしい)、
サっ!!と手に取る。まとめて3巻までゲーット!!!

ここまでくればもう、あとはレジに直行!

・・・と思ったんだけど。これだけ買いに来たって感じでエッチすぎだろうか・・・?
なんか他の漫画も一緒に買うべきか?無難にモンスターとか浦沢直樹系でも(爆)。
だがしかし。そんなん一緒に買ったら、むしろ
「この人、こんな本でカモフラージュしちゃって・・・バレバレじゃないの」とか
あとで店員の休み時間とかに話題にされたらーーーー!!!!!Σ(☆□☆;
(されねーよ(笑))

悩んだ末、けっきょく3冊だけをレジに。ひらきなおり。

ちょうど女性の店員だったので、シレっと差し出して会計を待ちました。
「あーー、これでもう帰って読むだけだし!!
努力(?)は報われるってモンですよ♪」

などと余裕ぶっこいていましたら。

私が5000円札を出したのがいけなかったんですよ、ええ、そうですとも。

レジのお姉さん、私の買った「ふたりエッチ」にカバーをかけ途中でいなくなり、
奥のレジに向かってしまわれた・・・。

あの~、、、
隣の人とかにバレバレなんですけど!!(T▽T)
ここまで内密にコソコソ運んできた私の努力はぁぁ?!!!!
本屋02


いやわかっております。
普通、他人の買った本のことなんざ大して見ておりません。気にもしてません。
でも後ろめたさのあるワタシは、見られている気がするんですってばーーー!!!
おね~さーーーん!カムバック!!(T□T)

そうこうしているうちにお姉さんが戻ってきて、無事に購入。
その後はもう、矢のごとくそそくさと本屋を後にしましたとも!

そして、帰宅して読んでみたのですが。


しんじられないミラクル(という名の衝撃)があるのは、ここからであった。。。

次の日記にかきますわ。。。

↓いやなにが衝撃かって、内容よりも(以下、次回につづく)

「ふたりエッチ」とは何ぞや? 

ご無沙汰でござひますーー。
ブログ更新がままならぬホドに働いております。どひー。

けっして「彼ができたので、ブログの優先順位が落ちちゃった、テヘ☆」
などということは全くなく(爆)。ご安心ください(なにを?(笑))
たくみんの処女視点ブログは続きます。

さて先日、友人にすすめられた漫画があります。
「ふたりエッチ」という漫画。ご存知ですか?かなり有名なものらしいのですが。

私が処女であることを知っている友人が、
「これ読んだらきっと勉強になるよー。ただのエッチ漫画じゃないし♪」と
教えてくれたのだ。
なんでも、童貞と処女の夫婦がエッチを覚えてゆく、という
ストーリーらしい。その設定からして、すごくない?!
しかも単なるエッチな漫画ではなく、性の勉強としても読めるものだという。

うーん!それ読んでみたい!!と、早速本屋へ行こうとしたのだが。。。

それ、フツーの本屋に売ってんの・・・?そんな際どいモノが?
もしかしたら成人指定とかあるんじゃなかろーか・・・

さらに。近所の本屋で買って、「この人、こんなエッチな本かって・・・」などと
店員に思われたら!!!!!(爆)

買えん!!!(TдT)

でも読んでみたい。。。


男の人って、エッチなDVDとかレンタルする時はこういう気持ちなんだろーか(; ̄▽ ̄)
わざと遠くのレンタル屋に行ったりすんのかな。。。会員になったら名前バレるけど(笑)。

しかし少なくとも、女性が買ったり借りたりするよりは抵抗がないだろうと思う。

今日、とりあえず探してみようと、近所のブックオフに行ってみたのですが、
なんと「18禁コーナー」なる一角が奥に!!!Σ( ̄□ ̄;
えーーーーーー!!!!!まさかそこにあるのか?!
そんなん敷居(?)が高くて、入れないってえええ!!!

かと言って、アマゾンとかで買ったら、履歴残るし~。。。


・・・とゆー訳で、未だ読めない状況でございます(爆)。

思えばこのブログは18キンなのか・・・?
そんなこんなで↓ランキーーング♪

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。