スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つらいつらい、彼女の幸せ。 

ウチの会社には、面倒なしきたりがある。
「結婚お祝い」
大抵、結婚する社員と同じ課の人が
社内をまわってお金を徴収する役を課せられる。

もちろんお祝いは義務ではないので、払わなくてもいいんだけど
直接徴収にこられて「◯◯さんが結婚するので」なんて言われたら
あまり面識がなくても、払わないわけにはゆかないというものである。

全くもって迷惑な話だ(爆)。

「いつかは自分に返ってくるから」なんて言う人もいるが、
あたしゃ払いに払って終わりな気がする...。

お祝いなんてさ、本気で祝いたい人が個人的にしたほうが
よっぽど嬉しいってもんじゃないかなあ?
私だったら、自分が祝いたい人になら個人的に贈るけどな。

で、今回。
うちの課の某方(仮にAさんとしておこう)が結婚するので、
私がその徴収係をかって出ねばならなくなった。

私にとっては、実は複雑。なのですよ...。
以前の日記>コチラ参照

まーいくら複雑でも、やんなきゃいけないのだがな。
そんな事情、誰も知らないし。言えるわけがないし(笑)。
サラリーマンですから!!

徴収の際「Aさん、結婚するの?誰と?」的な質問を
何度も聞かれると思うと、今から胃が痛い...。
ま、笑って答えるけどね。
たくみんは「悩みないですキャラ」で通ってるしな!!!

傷つき、ヘコみながらも、彼女のために笑顔で徴収。
なんだこれ?
イタいぞ。

イタすぎるぞこの状況...。


悲劇を気取るつもりはないけど、
他人の幸せをここまで苦しいと思ったのは初めてだな。
わりきろうと思っても、やっぱり難しいよ。
スポンサーサイト

女友達とのエロトークというのは、意外と... 

バンドだったり会社だったり、男性人口の高い場所にいることが多かったもんで
よく男友達と飲んだ時に「エロトーク」になることがあった。

ただ、男だけの時って、どんなトーク内容になるんだろう?と思い
男友達に聞いてみたところ(んなこと聞くなよ(爆))、
「たいてい理想とか妄想(笑)。こんなことしたいな~とか。」
「自分の具体的な話は、あまりしない」「好きなAV女優の話をする」

などという答えであった。

へえ~~。なるほどお。
私が興味を持ったのは、「自分のことはあまり言わない」ってとこかな。
もっと「オレはこんなことした!」とか語り合うのかと思ってた(笑)。


一方、女子が集まったときのこういうトークといいますのは。
また全く別の傾向があると思う。
とにかく「どうやったらうまくできるか?」「コツはなにか?」などの
技術論に終始するのである。

ものすごく、ドライ。学術的な印象すら醸し出すトーク内容なのである。
昨日の日記にも関連しますが、「どうしたらフェ●がうまくゆくのか?」を題材に、話が繰り広げられた時のこと。
とにかく全員、真剣なのである。

「自分がやった時、途中で疲れちゃって、ぜんぜん最後までいってくれなかったんだけど」
という疑問に対し、皆が意見を出し合うのである。
「まず、口だけじゃだめだよ。手も一緒にうごかさないと」
そうなの?そうなのかっ?!!
さらに「若干、吸う感じ。ストローでシェイクとか吸い上げる時っぽく」
「緩急つけるとうまくいく」

などと具体的な手法が次々と、説明されてゆく。

この時、その場の誰もが「エッチな気分」にはなっておらず、さながら
「勉強会」ばりの空気なのである。
エロトークというよりは、みんなで技術を高め合う場、
といったほうがしっくりくる内容である。


男友達にこの話をしたところ(するなよ(爆))、
男同士では、恥ずかしくてそんな話はできない!!と照れてました。

「怖いよ...女同士のエロトークって...(TAT)」と怯えておりました(笑)。

「エレ片」、エロトークの炸裂(笑) 

いっやあ~!笑った、今週のエレ片のポッドキャスト!!
もう電車の中で、笑いをこらえきれず......吹き出した(爆)。

「エレ片」というのは、エレキコミックとラーメンズ片桐がやっている
ポッドキャストの番組でして。私の毎週の楽しみなのです♪

モテない3人が、モテないリスナーに送る
モテないトークの嵐。
もー最高(笑)。
ガンダムネタなどオタクの話も多く、私にとってはまさに聞き所満載♪

そんなエレ片は、モテない男子に送る「世界のエロ事情」なるコーナーがあったりと
わりとエロスに明るく寛容なのですが(このコーナーがまた面白いんだわー)、
今週の特集はさらにすごかったんですわ~。

南波杏さんというゲストが来てて。
この人、AV女優かなんかかなあ。私は知らないのですが、有名??

で、様々なエロトークが繰り広げられていたのですが、その中で
「うまくフェ●チオするコツ」なるトークが...(笑)。

いいの?!

それポッドキャストで

やっていいの?!!Σ( ̄□ ̄;


...いやもう、なんか、すごかったっす(笑)。
やついさんも今立さんも片桐さんも、すっごいくいついてるし!!!
さながら中学生男子のようなノリに、爆笑でした(笑)

しかし、なるホドね~~~。そうやってやるのか~~~!!と、
女子にはかなりの参考になりました。

私も以前、実はしたことがある。
そのときは初めて男の人のモノを見た時だったし(それでよくやったよなあ...まあ大好きだったから「してほしい」と言われて、何とかしてみようとした)、全くコツも分からず(爆)、顎が疲れて終わったのだった...。
途中で「うん、わかった...充分だよ(笑)」と言われたのだが...。
すまん、きっと色々違ってたのだな?!(゚ロ゚)
しかしフェ●までしておいて、セックス(挿入)はしなかった。
まあ、いろいろ出来ない諸事情とタイミングがありまして(; ̄_ ̄)
それゆえ、このブログのタイトルどーりいまだ処女というわけです。我ながら、おかしな境遇である。


そんなことはさておき、いつかそのワザでやってみようじゃないの。
まあ、私がそのワザを使う機会は、今のところ全くもってないのだがな!(爆)
機会が訪れるその日まで、忘れずにおこう。
だって、好きな相手だったら気持ちよくなってもらいたいと思うもん。

笑顔でいたいけど...友達の結婚式。 

来月、友達の結婚式。

もー30代ともなれば、友達の結婚式は何度となく行ってますがな。
今まで「行きたくない」と思った結婚式なんてひとつもなかったんだけど。
だって、いくら自分に縁が遠いなぁと思っても
大事な友達の結婚式は、本当に嬉しいものだったわけです。
なんだかシアワセをお裾分けしてもらえる気がしてさ。
まあ気のせいだけど(笑)。

ただ、今回のはどうにも事情が複雑で。いや複雑でもないか。
端的にいえば、私は彼女が苦手なようである。

そんな彼女の結婚する相手が、
私の男友達。

大好きな男友達が、苦手な女友達と結婚する。

別に私は、彼を好きだったわけじゃないけれどもさ。
なんか、複雑であるのです。
私が大好きだった男友達。彼女はその男友達と幸せになるんだ。

と考えたら、なんだか悔しい思いがこみ上げてきた時期があって。
悲しいとか悔しいって思うのは完全に間違ってるけどね(笑)。
だって私、男として好きだったわけじゃないから。
文句の付けようもございません。

ただ、私はその男友達を「取られる」のが悔しいのだ、きっと。
悔しいんだろうね...。
なんだこの小学生レベルの

精神力は!?


しかしこんな感情になったのは初めてで、なんとも気持ちを処理することが
できないでいた。
はあ...。30代にもなってなぁ...ホント。なにやってんだかなあ。
悔しいってアンタ一体。

果たして私は、一緒に祝福してあげることができんのかな。
自分が苦手な人の幸せも、一緒に喜んであげられる心の広さが欲しいよ全く...。
いつか、喜べる日がくることを切実に願う。

とりあえず当日は、ムリにでも、笑顔でいよーと思います。
笑っていたら、幸せも来るってもんでさあ~~(←ひらきなおり)

こんな性欲ってアリだろうか? 

いや、もちろん性欲がなければ人間、終わりな訳ですが。
「みんな、どうなんだろう...?」と思うことがあるんですよね。

私は、なんだか20代後半になってから、
ひょっとして他人より性欲が強いんじゃあ...?と思うようになりまして(笑)。
それまでは、たとえ男性を好きになったり付き合ったりしても、
「ぜんっぜんチューだけで幸せ。それ以上なんて、本当にイラナイ。」
本気で思ってたのにさ...。
現に、付き合った人とはキスとハグしかしなかったのだ。
別れるまで。

しかし、いつのころからか興味がものっすごい沸いてきて。
それは、セックスしたことがないから余計に、
ただならぬものに興味を持つ、ということかもしれないケドね。


一時期なんか、「あたしゃ、さかりのついた男子高校生か?!」とさえ
思ったこともある。。。

だってさあ!
街行くカップルを見るだけで、
「あー。この二人はセックスすんだなー」とか思ったりしちゃうワケ。
あまつさえ、友人同士が付き合い始めたりした日には、
よからぬ想像とかしちゃうのですよ!そんなん、想像したくもないのに...。

そんなこんなで、見るもの見るものをセックス視点で
とらえちゃっいるらしい...。
好きな人に対してならともかく、待ち行く人をみてそんなことを思うなんてなあ...。
これって、おかしいでしょうかね?
今でもたまに、そんな風に思うことがあるのだ..困ったなあ。
私、前世は間違いなくスケベ男だったに違いない(笑)。


ココロが透けて見えるメガネとかをした人が私を見たら、
とんでもねー変態でしょうな(笑)。

花火の後のsex率は、どうなんだろう? 

花火に行った。
というと、「デート?デーート?!」なんて言われがちですが。
そんなのカンケイな~い!!な私です(笑)。

バンド友達に誘われ、「え~、花火?そんなのカップルと若者と家族連れの行くもんじゃん。あたし、そのどれにも当てはまらないんだけど。。。」とめんどくさがる私でしたが、「まあまあ、お酒用意しとくから♪」と言われて、重い腰をあげた。

というワケで、バンド仲間とのむさくるしい花火大会(笑)。


いっやあーーー!!楽しかったあ♪(←なんだこの変わり様)

も~~~きれいだった花火!
しかも友達がとっといてくれた場所がすっっごい良くて。
遅れて行ったのに、ビールも食べ物もキープされており
感謝感謝♪よき仲間を持ったなあ、あたし♪


で、思ったんだけど。
周り、浴衣をきて手をつないだカップルが目立ちました。
ま、当たり前か~。
もし彼氏がいたら、私もぜったい浴衣だな(笑)。
だって浴衣きたら、どんな女子も1~2割はキレイにみえるもん!
でさ、手とかつないでさ、なんか普段とちがうカノジョに、
きっとドキドキすんだろな!男はっ。いいねえ~、そういうの。
まあそんなシチュエーションには縁ないけど(爆)。

花火ってさ、なんかこう爆発音で興奮しません?
人間の本能だろうか...?しかも、暗闇。

もし私がカップルだったら、ぜったい花火の日はその花火の爆発と火薬に興奮して(笑)、帰ったらセックスしたくなるだろうなあと思っちゃった。
動物かっ?!!Σ( ̄□ ̄;

そんなカップルもいるんだろうか?
と、そういう目で周りを見てしまった(笑)。


それにしても、花火はキレイだったしお酒は飲んだし、
友達としゃべりまくったし、ホント行ってよかったあ。
カップルばかりの行事じゃないよね、花火大会。

...でもいつか、カップルで行きたいですなあ。

二日目。またタマゴがひとつ。 

ああ、何で毎月、下腹部のモヤモヤと戦わねばならぬのだ??
鬱陶しい。生理...。

しかし子孫を残すには、必要なことであるのだなあ。
そんな予定はないのだがな。

30歳になってから、排卵痛も感じるようになった。
「あ、きょうタマゴを生んでいる」とわかるのだ(笑)。
生理痛の、軽いヤツみたいのがくるのです。

これって、よく考えたらすっごい便利じゃない?
だって毎日めんどくさい基礎体温なんか計らなくても、
排卵日が分かるんだもん。

てことは、「セックスしたら子どもができるかも」という
目安日がわかるじゃないですか。(目安にすぎないけど)

うっわあ~~い、

べんりィィイ~~~♪


...ま、そんな機会もない私には
宝の持ち腐れっつーか...いつか役に立てばいいですけど......。


今月もまた、無駄にタマゴを生んでしまったなあ。。。

いてーーよーーーーーー。
飲み会もキャンセルしちゃった。くっそー。

エッチな夢を...みたのだが。 

みたのだが。
おととい。

すっごいエッチな夢を(笑)。

えー。なんでだ?欲求不満か??
まあ確かにな。そうかもな。


以前、好きだった人がでてきてね。
その人は、今までの私の人生で一番、セックスに近いとこまで行った人なんだけど。
まあ、なんつーか、「モノの挿入」以外のことはあらかたやったというか...。
(なぜそこまでやっといて入れないのか?とゆーのは、ぶっちゃけ、話せば長いのだが(笑)。
ひとつは、コンドームが無きゃ入れるな!!と私がいつも言ったことが大きな要因である。
当たり前でしょ?ええ???)



そんな彼が夢に登場しましてね...。
ううむ。

明日にでも、ここに図解しようと思う(爆)。

残業。電話する相手なんかいないもん 

今日も今日とて、深夜残業だ。。。まーこの業界、仕方ないケドさっ。

働けど働けど、なぜお金がたまらんのか???
ビンボ~ひまナッシングでございます。


そんな深夜の残業時。みーーんなさ。
仕事をちょこちょこ抜けては、息抜きに電話とかしてるわけ。

「今日まだ仕事なの~」とか。
「うん。まだ帰れないから。ご飯さきに食べてて♪」とか。
「もうやだ~。つかれたよォォ~~~とか。


こちとら、仕事してんねん!!
甘えてんじゃねーーーッッッ!!!



...などとゆーのは、独りモノのひがみでござひます。

ちくちょー、私だって誰かに甘えてみたいぜ...(以下、妄想)

--------------------------------------------------

「つかれたぁー、もうダメ。帰りたいい!(@_@)」
「でも仕事しなきゃだめだろ?がんばったら、ご褒美あげるから。」
「むうー。チョコぐらいじゃ、ぜんぜん嬉しくないからね!」
「...んじゃ言ってみろ。なにが欲しいの?」
「......ハグ。しかもベアハグ。中西学みたいなやつ。」
「...わかったよ!その後、アルゼンチンバックブリーカーまでやってやるから、
早く仕事終わらせて帰ってこい



...みたいなさあーーー。
そんな甘い会話、してみたいの(甘いのか?)!!
あたしだってええーーーーー!

...一人で生きてけそう、とか言われることほど、グサリと刺さる言葉はナイ...。

セックスレス、じゃなくて notセックスyet。 

そんなこんなで、セックスしたことない私ですけれども。
(すげーなブログって。こんなコト、口が裂けても言えないのに書いちゃうんだもんな~)

ぶっちゃけ、30代にもなってこういう人って、どのぐらいいるんだろう?
統計とかないのかな。。。
いや統計はどうでもよいんだけど、そういう人とぜひ話してみたいのよ(笑)。

でも、不思議なコトがここに一つ。

実は私、男性とお付き合いしたことはあるのだ。
今まで、二人。
二人とも、友達の期間が長かった人だった。

そのへんが、私の人生七不思議...。

甘~~~い時間を過ごしたこともあった。
なんかもう、食べちゃいたいぐらい好きとか言われたりした(笑)。
駅の改札前で何時間も抱き合ったりした(すげー迷惑)。
若気の至りとしてお許しください(笑)。

しかし!!
偶然が偶然を呼び、思いがけない事態が重なり、
何故かセックスだけしていない!


...まあ、なんと言うか。
私のまれに見る悪運の強さっつーか...。

しょうがないじゃん、ほんっっっとに、何かに止められてんじゃないかと思うほどに
タイミングわるかったんだもん。。。

だから、別に「男嫌い」とか「男性恐怖症」とかでは断じてナイ。
ものすっごい大好きだったし、どーされてもいいと思ってた(笑)。
なのにねえぇ~~~(T_T)
まあそのうち、気が向いたら細かく書こう...。

先週は、友達が生んだ子どもを見に行った。
かわいかったなーーー。
そう。友人たちは最近ことごとく子どもを生んでゆく。
ま、この歳なのでそりゃ生むだろ。人生で一番、生む時期かもしれん。
あたしも相手がいたら、生んでるよ。。。
生むどころか、その前段階すら踏んでないがな!!!!!

はふ~~ん。
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。